ページ

2012-04-09

サードオピニオン(4)

前回、サードオピニオン(3)の続き。


しばらくすると呼ばれて隣りの診察室に入ります。

女医さん?看護師さん?から子宮鏡検査当日の説明を受けます。


①生理中は検査を受けることができないので
検査当日に生理になってしまったら電話連絡すること。

⇒ただし、前日から出血量が多いことが予想できる場合はその時点で電話連絡すること。

⇒生理が終わりかけで出血がほとんどないような場合は検査を受けれる可能性がある。

その場合は、自己判断で検査を受けに来てもいいが医師が無理だと判断する可能性もあるので
来院するかしないかは自己判断に任せるとの事。


②検査当日はシャワーは可能だけど入浴はできない。


③検査後、出血や検査で使用する薬液が流れ出てくることがある為、必ずナプキン持参のこと。


④検査前はトイレに行かないこと。

⇒腹部エコー検査の際に膀胱に尿が溜まってる状態だとよく観察できるそうで、
「待ち時間はなるべく水分補給してください。
もし待ってる間にトイレに行きたくなったら受付に言ってね。」と言われました。


一通り説明を聞き、今日は終了。
待合室で待っててくれた旦那に全て話して2人で喜びました。

子宮鏡手術の可能性が出てきた上に、腹腔鏡手術は問題が起こらない限り受けれる。
ここまで来るのにいろいろ迷ったけど間違いじゃなかったと思えました。


旦那から聞いたところによると、10:30過ぎ頃に受付に来た患者さんは
「今日はもう予約も多く診察できません。」と断られてたと言ってました。
予約なしでは来れないなぁと感じました。



次の予約は4月13日。
2月15日から約2ヶ月、とてつもなく長く感じた。
でも、このブログ記事をUPしてる頃にはもう直ぐ・・・。



■ 医療費

初・再診料 270点 
画像診断 450点
小計720点
請求金額2,160円 


※負担率は30%で、請求金額は保険適用後の金額です。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿