ページ

2012-09-06

【詳細】入院4日目(術後2日目)

2012年8月19日(日)


入院してから初めてよく寝れた。

よく寝たからか体調もすこぶる良い。

前日あんなに苦しんでた吐き気も嘘のよう。



7:00頃 看護師さんが来て、検温と血圧測定。

このときの看護師さんは明るく話しやすい方だったので、

あれこれいっぱい話したら血圧がいつもより高かくて一度測り直した。

でも、1回目も2回目も大差ない。

体温は36.9℃と微熱。


背中の痛み止めの容器を見てもらって残量チェック。

午前中に医師が外してくれるって♪

(針を外すのは看護師さんではできないのだそうです。)


看護師さん:「もうほとんど痛み止めないけど、今は痛くない?吐き気は?」

私:「クシャミとかゲップをしたときにちょっと痛い感じがするくらい。

吐き気も治まりました。」


痛み止めが外れたらシャワーはOK  ただし湯船はNG

傷口を保護してるテープ類はシャワーのときに取って、

傷口を泡でそーっと優しく洗ってねと言われた。

傷口がどんな感じになってるのか見たいような見たくないような・・・。


8:00頃 朝食

前日は一口ずつしか食べれなかったのに、半分ずつ食べれた!


朝食後、病棟階をぐるぐる何周か歩いた。

歩いてデイルームへ行って、スポーツドリンクとTVカードを購入。

デイルームに体重計があったから量ったら手術前と特に変化無し。


体調が良くなって、自分のことや他の人のことを気にする余裕も出てきた。

久々に鏡を見たら、手術時に唇がほんの少し切れたらしく

ちょこっと血の塊がついてるし、乾燥して皮がめくれてるし、眉毛は伸び始めてる。。

とりあえずリップクリームを何度も塗って、眉毛を整えた。


同室の斜め向かいの方は退院されるようで準備をしてる。

お向かいさんは一時帰宅される様子。


10:30頃 検温、血圧測定。

体温36.7度 やっと平熱(36.3℃)に近づいてきた!

お腹の張り防止の為、水分を意識していっぱい取った。

また病棟階をぐるぐる歩いた。


病室前で看護師さんがキョロキョロ誰かを探してる様子。

もしかして私かもと思って話しかけたら処置室へ来てくださいって。


11:00頃 背中の痛み止めを取ってもらう。

処置室は同じ階にある診察室のような部屋。

他の患者さんも何人か呼ばれてた。

一番最初に来た方から順番に入ってくださいと言われて、一番最初に観てもらった。

医師は担当医ではない始めて見る男性医師。

テープをはがすときに痛いですよ~と言われたけど、

きっとオーバーに言ってるんだろうって油断してたら本当に痛かった。。。

しかも、気付かなかったけど、テープは結構長い。

でも、これで背中の痛み止めの副作用がなくなると思うと嬉しかった。

それに、ずっと首から痛み止めの容器を提げてて邪魔だったし、

体に付いてたものが全て外れたことも嬉しかった。


背中の痛み止めが取れたからシャワー浴びれる♪

早速、シャワー室前へ行って、14:00~14:30でシャワー予約。


12:10 昼食

ご飯は少し残したけど、他は全部食べれた!


13:10~ また病棟階を数周歩いた。


病室に戻って休憩。

お向かいさんは一時帰宅で不在、

斜め前のお向かいさんは午前中に退院されてもう居ない。

4人部屋にお隣さんと2人きり。


お隣さん、顔を合わせることも、話したりもしてなかったけど、

お隣さんの存在がとても励みになってた。

手術当日の辛く長い夜、お隣さんも同じ日に手術を受けて

乗り越えようとしてるんだから私も頑張らなくちゃって思えた。

看護師さんとお隣さんとの会話から私と同じ手術ではないけど、

どうやら婦人科系の手術であることは想像できた。


体調も良くなったし、お隣さんと話してみたい。

他に誰も居ないし今がチャンスと思って、

お隣さんが洗面所を使ってるところへ行って思い切って話しかけてみた。

お互いに婦人科系の手術を受けたこともあって、直ぐに打ち解けられた。

話せたことが嬉しくて、興奮して若干熱も上がった感じはしたけど、

思い切って話しかけて良かった♪

気分転換になって元気が出たし、今まで以上に励みになった。


13:45~ シャワー

シャワー室前のホワイトボードを見たら空いてるようなので、

早めに使わせてもらうことに。

昨日、一昨日とシャワー浴びてなかったから気持ちいい。

最後の最後にやっとお腹のテープ4箇所をそっと取ってみた。

腫れてるし、傷口の血がかさぶたになりかけてて、ちょっと生々しい。

恐る恐るそーっと泡で洗ったけど、しみて痛いということはなかった。


15:00 旦那が来た。

昨日の私の様子を見たお義母さんがかなり心配してて、

何度も電話をかけて来て「私ももう一度一緒に行く」と言ってたらしい。

旦那はどうにか断ったそうだけど、一緒に来てもらっても良かったのに。

ただでさえ心配性なお義母さん、心配かけて悪いことしたなぁ。

旦那と一緒に甲子園を見た。

体調が良くなった私の姿を見て、旦那もホッとしたみたい。


15:30 看護師さんが来て、明日の朝は採血2本だって・・・。


15:45頃 看護師さんが様子を確認しに来てくれた。

傷口を見てくれて、ちゃんと洗えてるって言われた。

今痛くなくても、寝る前に痛み止めの座薬を入れた方がいいかもって。

何もやることがないと気がまぎれずに、

ほんの少しの痛みが気になって寝れないこともあるからって。

確かにそうかも。 寝る前に痛み止めの座薬を貰おう。


16:15 旦那帰る。

エレベーターホールまで見送りに行った。


旦那が帰った後は、歩いたり、デイルームに行ってみたり、

病室で読書したり、また歩いたりして過ごしてた。


18:00 TV見ながら夕飯食べた。

ご飯以外は全て食べた。


19:10頃 看護師さんが来て、検温、血圧測定。

体温は37.3℃ いつまでも続く微熱。

看護師さんに微熱が続くことについて確認。

術後1週間くらい微熱が続くものなので心配いらないとの事。

座薬を使用すると一時的に熱が下がるらしい。

寝る前に痛み止めの座薬をもらうことにした。


消灯までずっと読書。


21:00前 看護師さんが痛み止めの座薬を持ってきてくれた。

入れてくれようとしてたけど断った。

恥ずかしくてではなくて、吐き気止めの座薬を自分で入れたときと、

看護師さんがジェルのようなものを使って入れたときとで

薬の効果が出る時間に違いがあって、

ジェルも何もつけずに自分で入れたときの方が早く効いたから。


21:25 痛み止めの座薬を入れた。

直ぐに効果が出て、ふとしたときに感じるちょっとした痛みが全くなくなった。


21:50頃 消灯

痛みは全く無いけど、全然寝れない・・・。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿