ページ

2012-07-05

主治医から手術前の説明(1)

昨日は、予定通り川崎病院へ行ってきました。

この日のメニューは・・・

①主治医から手術前の説明
②リュープリン注射
③入院に関する説明
④手術前の検査(心電図、レントゲン、血液検査)


事前に主治医の先生から、
「手術前の説明は旦那さんと一緒に」と言われてたので、
旦那にも同席してもらいました。


予約時間の少し前に到着。
まだ待ってる人の数は少ない。

20分程待ったところで呼ばれて診察室へ。


■ 先生から旦那へ状況説明

MRI画像を使って、丁寧に説明してくれました。

子宮鏡手術が出来れば良かったけど、
林先生による子宮鏡検査の結果、
子宮内いっぱいに筋腫がある為、
子宮鏡が入らずその方法では出来ないこと。

林先生が無理だと判断したのであれば、
日本中どこに行っても子宮鏡手術はまず無理だと思われる。

子宮鏡手術であれば、子宮を切らずに手術できる為、
妊娠したときに自然分娩が可能だけど、
腹腔鏡手術だとどんなに綺麗に仕上げても帝王切開が無難であること。

妊娠したら医師に腹腔鏡手術を受けたこと、
担当医から帝王切開でと言われたことを伝えること。


■ 手術の説明

・手術時間は長くても1時間。
・臍、お腹2箇所をそれぞれ5mm切開。
・切除した筋腫は膣から取り出す。
・最悪の場合、開腹手術になるけど、今まで一度もそうなったことはない。


■ 手術前日と当日について

・前日の木曜日は他院でオペをしている為、顔を出すことが出来ない。
・当日の手術時間はまだ未定の為、その日は一日予定を空けておいて欲しい。
(↑ この説明は旦那に向けて。)



他にも説明を受けたんですが、記憶が曖昧で・・・。
旦那が帰宅後、確認してみるので続きはまた明日にでも。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

2 件のコメント:

  1. お疲れ様です。
    私も昨日は同じように細かい説明を受けてきたので、
    かなり疲れました。YUMIさんの心境・・・嫌と言うほど伝わってきます。でもでも、負けないで闘っていきましょうね!!
    きっと乗り越えれば、みーんな笑顔でいられますよ(^-^)
    もう少ししたら、入院グッズを揃えます。思いっきり楽しいものでそろえようかな~なんてね。

    返信削除
    返信
    1. kanaさんへ

      kanaさんもお疲れさまでした。
      本当に疲れますね・・・。

      こうやって1つ1つ終わっていって、
      着実に手術に向けて進んでるんだなぁって実感しました。

      私もそろそろ限度額適用認定証の申請をしたり、
      必要なものを揃えたりしなくちゃ!
      せめて気持ちが明るくなるようなものを選びたいですねー♪

      削除