ページ

2012-07-08

リュープリン注射2回目

2012年7月4日


主治医から手術前の説明(1)

主治医から手術前の説明(2)

以上の続きです。



主治医から手術の説明を受けた後、処置室前でまた暫く待ち。

暫くしてから呼ばれ、旦那には中待合室で待ってもらって今度は1人で中へ。


机の上にはリュープリンの薬剤と注射器、入院のしおりが。

気になる。
注射器が気になる・・・。

針が怖くて見れないとか思いつつ、つい見てしまった。
太い・・・。

注射器を気にしてるのが視線でバレたのか、、、


看護師さん:「先に注射しちゃおうか。

痛いのは先に済ましちゃった方がいいもんね。」


私:「お願いします!」


看護師さん:「前回はどこにやった?」


私:「前回は左腕だったので、今回は右腕です。」


全然痛くなかった。
2回目だから慣れもあると思うけど。


--------


この日の夜、また注射した部分が腫れた。

それでも気にせず寝返りは打てるようになった。

でも、脱ぎ着するときに洋服の袖が引っかかるとちと痛い。


それと、日中は出血が無かったのに、夜また出血があった。

と言っても、ほんのちょっとだけ。

やっぱり生理なんだ。

生理2日目とは思えないほど少量の出血。

下腹部痛も無し。

いつもこんなだったら楽なのになぁ。


就寝前、突然みぞおちが痛くなってうずくまった。

暫くしたら痛みは治まったけど、なんかその辺りに違和感がある。

これはリュープリンによるものなのか、なんなのか不明。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿