ページ

2012-07-10

手術前の検査

入院に関する説明の続き。


入院に関する説明の後、心電図、レントゲン、血液検査をします。

入院に関する説明をしてくれた看護師さんが、

どこの階のどこの部屋で検査を行うか教えてくれます。


血液検査はHIVの検査もあり、同意書にサインしました。



看護師さん:「今日は検査が済んだら、お会計して帰っていいですよ。」

私:「検査結果は聞きに来なくて大丈夫なんでしょうか?」

看護師さん:「今日の予約の後は入院の日だから、

検査結果聞きにくる日は・・・無いね。」

私:「僧帽弁逸脱症で、心電図とレントゲンで引っかかりそうなんですが・・・。」

看護師さん:「どこか病院に掛かってる?」

私:「南部病院で一年に一度、精密検査を受けてます。」

看護師さん:「何か治療はしてる?薬は服用してない?」

私:「治療はしてないですし、薬も服用してないです。」

看護師さん:「何か生活で制限はある?」

私:「制限もありません。」

看護師さん:「じゃあ、先生に聞いてみようか。」


看護師さんが先生に電話して確認してくれました。

看護師さん:「検査の結果、何か問題があったら電話連絡しますって。

何も問題がなければ、次は手術のときにって。」

私:「分かりました。」


心電図では、技師の方に「胸が苦しかったりしませんか?」と聞かれた。

「今は苦しくありません」って答えたけど、

不整脈が出てたからそんな質問されたのかな?って思った。


レントゲンは、キャミソール1枚になれば大丈夫かと思ったけど、

留め具が写るからダメってことで、病院の服に着替えて撮影。


血液検査は、なかなか終わらなくて、見たら5本も取られてた。

貧血なのに・・・。


これで、この日の予定は全て終わり。

1時間30分程掛かりました。


診療明細書を見たら、こんな長い ↓


■ 診療明細

区分 項目名 点数 回数
初・再診料 外来診療料 70 1
注射料 皮下、筋肉内注射    
  リュープリン注射用1.88 1.88mg    
  (懸濁用液付) 1本    
検査料 B-BIL/総    
  B-TP    
  BUN    
  B-クレアチニン    
  B-糖    
  ALP    
  B-ナトリウム及びクロール    
  B-カリウム    
  B-Tcho    
  B-AST    
  B-ALT    
  γ-GT    
  CK    
  LD    
  血液型検査 1 121 1
  B-末梢血液一般検査 42 1
  PT    
  APTT    
  フィブリノゲン半定量 70 1
  梅毒トレポネーマ抗体定性 32 1
  HBs抗原    
  HCV抗体定性・定量 208 1
  血液採取料(静脈) 16 1
  検体検査管理加算(I) 40 1
  血液学的検査判断料 125 1
  心電図(四肢単極・胸部誘導含む12誘導)  130 1
  免疫学的今朝判断料 144 1
  生化学的検査(i)判断料 144 1
画像診断料 胸部 X-P(デジタル)    
  電子画像管理加算(単純撮影)    
  撮影回数 1回 210 1


■ 医療費

初・再診料 70点
注射  3,138点
検査 1,072点
画像診断 210点
総診療費 4,490点
請求金額 13,470円

※負担率は30%で、請求金額は保険適用後の金額です。


この日、盛りだくさんな内容でヘトヘトになった。。

帰り道、書店に寄って、旦那がきょうの猫村さん5とカーサの猫村さん2を買ってくれた。

ワーイ、ワーイ♪ って子供か?!

 
※クリックすると商品ページに移動します。


で、家に帰ったら注文してたシェルフやらインテリア関係の物がドバッと届き、

旦那と頑張って組み立てたらもっと疲れてしまったのでした。。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

2 件のコメント:

  1. YUMIさん、こんばんはー。
    リュープリン経過も手術説明も、すっごく参考になります。
    前から思っていましたが、YUMIさんってまとめ上手!

    手術前検査って、手術できるかできないかを調べるわけじゃなく
    手術に必要なデータをとるって感じなのかな…って思いました。
    でも、YUMIさんが心配されていた貧血が解消されたのかどうか
    分からないまま手術なんですかね!?

    リュープリン2回目を注射後、体調にお変わりありませんか?
    猫村さんに癒されたり、模様替えされたり、
    やりたいことをやって、気にしない(気を紛らわす!?)のが
    一番なのかもしれませんね(^ ^)

    返信削除
    返信
    1. AYAKOさんへ

      こんばんは~。

      えー、まとめ上手だなんて。・・・嬉しい。
      自分の覚書のような感じでまとめてるので
      これで伝わるのかなぁ?って思ってました。

      なるほど、手術前検査ってそういうものなんですね。
      僧帽弁逸脱症を診てくれてる主治医が
      手術前検査で引っかかるかもねーってサラリと言ってくれたもんで、
      引っかかるかもって不安だったんですよー。

      貧血が解消されたかどうか、気になるところですよねぇ。
      って他人事のようですが。
      なんせ、AYAKOさんと私の担当医は「無駄なことは嫌いだ」っていうのが口癖で、
      問題がなければ次会うのは手術のときっていうのも先生らしいなぁって思いましたよ(笑)

      リュープリン2回目の注射後、メンタル面がガタガタでーす(´_`。)
      でも、辛くても「これはリュープリンのせいで、私のせいじゃない」って思えるからまだどうにか耐えられる感じです。
      それと、こうしてブログをやってて、AYAKOさんや他の方たちがコメントくれることがものすごく励みになってて、私の精神的な支えでもあります。
      AYAKOさん、本当にありがとうです!!
      他の方もこの場を借りて、ありがとうございまーす!!

      削除