ページ

2012-02-22

転職活動から手術決意まで(1)

2011年9月頭頃から転職活動を始めました。
パートから正社員への転身を考えてネットで職探し。

ただこの頃毎月必ず生理痛と過多月経を理由に
1日、2日欠勤していたので自分の体調のことが不安になってました。

でも、希望職種は事務職だったので、
どうにかなるかもと思って転職活動を続けてました。

だけど、事務職は求人数が少ない上に年齢的にも厳しそう。。

どうしたものかと悩んでたときに、未経験の営業職に興味を持ち、
希望職種を営業職に変えて転職活動を続けました。


そんなある日、また生理が・・・
酷い生理痛、レバー状の塊の血、水道の蛇口をひねったような大量の出血。


そんなとき、旦那のお母さんから他の用事で電話が掛かってきました。
旦那の両親とは同居してたこともあり、何でも話せる間柄なので、
子宮筋腫があって生理痛が酷いことも話してました。

このときも「生理痛はどう?あまり酷かったら本当に手術を考えたら?」と言われて
そのときから前向きに手術を考えるようになりました。

お母さんは昔、子供の頭くらいの大きさの子宮筋腫ができて
子宮摘出術を受けていたので相談しやすかったです。


子宮筋腫の手術も受けたい、でも転職もしたいと思ってた頃、
ためしてガッテンで子宮筋腫のことをやると知って、
旦那と二人でTVにかじり付き真剣に放送を見ました。

それまで放置していた子宮筋腫のことを、
このとき初めてちゃんと知ろうと思った瞬間でした。

子宮鏡手術を受ける方の手術前から手術終了後までのVTRがあって、
「こんなに楽になるならもっと早くやっておけばよかった。」
と言うようなことをにこやかに答えられていた姿が印象的でした。

私も普通の生活がしたい、毎月の生理に悩まされる日々はもう嫌。
このとき「私も手術受ける!」と決意しました。

一緒に放送を見ていた旦那も「協力するから受けなよ」と背中を押してくれました。



続く・・・



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿