ページ

2012-02-02

2cm大の子宮筋腫見つかる。

昔のスケジュール帳を読み返してみると、
一番最初に産婦人科で子宮筋腫があることが分かったのが
2006年8月26日 当時27歳のときだったようです。


それまで生理痛とは無縁だったのに、
この頃から徐々に生理痛が酷くなっていきます。
毎月必ず生理痛が起こる訳ではないものの、
生理痛になると痛過ぎて冷や汗や脂汗が出るようになり、
横になっても座ってても痛くて痛みが治まるまでうずくまってました。


生理痛でバファリンを服用するようになり、
段々とバファリンも効かなくなってきたころ、やっと産婦人科を受診しました。
家から近く評判の良い病院をネットで調べ、
東條ウィメンズクリニック上大岡へ行くことに。

先生に生理痛が酷いと話したところ、
エコー検査で2cmの子宮筋腫が見つかりました。

先生からは、
「子宮筋腫は3人に1人が持ってるもので特別なことではない。
バファリンが効かないなら他の市販の鎮痛剤を試すこと。
痛くなってから服用しても遅い、痛くなる前に服用するように」
と言うようなアドバイスのみでした。

セカンドオピニオンも考えましたが、新たに病院を探すのが面倒でうやむやに。。
3人に1人が持ってるものなら特別騒ぐことではないでは?
バファリンをもっと早く飲むようにして乗り切ろうということになり、
結局そのまま放置することに・・・。

今考えればあのときセカンドオピニオンを受けなかったことが悔やまれますが、
それを言ってももうどうにもならないので、今後は後悔しないようにしたいものです。


2006年8月26日から放置していた子宮筋腫、
2010年3月頃から生理痛とは別の症状が出るようになります。
そのときの話はまた今度。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿