ページ

2012-02-28

人生初のMRI検査

2012年1月6日(金)
旦那が付き添ってくれて南部病院へ。


受付後、問診表と造影剤の説明が書かれた同意書を渡されました。
同意書には造影剤の副作用について書かれてました。

不安になるような内容でしたが、
詳しく調べるためにはしかたがないことなんだと言い聞かせ署名。


暫くその場で待ってると、もう1組のご夫婦と一緒に看護師さんに連れられて移動。
いつもの建物から渡り廊下を渡った先の奥まった所にMRIの撮影室があって、
奥まった所ってことが余計に緊張を増幅させてるような。。

先生から説明がありますので中に入ってお待ちください
と言われて通された部屋は診察室っぽくなくて、
準備室のような?PCやモニターがいくつも置いてある物置のような?
そんな部屋でした。

先生からの説明は、
子宮筋腫は腹部の撮影で20分くらい掛かること、
今回造影剤は使用しないこと、
体に金属が入ってないかの確認だったと思います。

造影剤の副作用を見て不安に思ってたのでホッとしました。


説明が終わると、MRIの撮影室の傍にある待合室に移動。
旦那も待合室まで入ることができます。
そこには、MRIの撮影時に気をつけることが書かれた冊子がありました。
金属、金属って言われ続けると、入れてないのに
「本当に入ってないよね」ってちょっと不安になったりして。。


ロッカーで用意されていたパジャマに着替えます。
着替える前に、また説明がありました。
アクセサリー類全て、ブラ、キャミソール、他金属の入ってそうなものは全て外す。
肌着、靴下、ストッキングは着ていても大丈夫。

と言うことで、用意されていたパジャマの下は、
ロンT、パンツ、ヒートテックのスパッツ、靴下でした。


撮影時間が20分と言うことなので、尿意ないけど行っておこうと思って
トイレに行って戻ってくると、旦那から「もう呼ばれてたよ!」と言うので急いで撮影室へ。

そこで、先生に全身をざっと点検してもらって
「マスクは外してこの中に入れてください」とプラスチックのかごに入れました。
そうか、マスクの鼻の部分には何か入ってましたね。


ここでは、撮影に関する説明がありました。
「腹部の撮影で、お腹に固定具を乗せます。
20分程掛かりますが動くとブレるので終わるまで動かないでください。
大きな音がするのでヘッドホンをつけてもらいます。
閉所恐怖症ではないですか?

では台に乗って仰向けで横になってください。
具合が悪くなったり、何かあったらこのボタンを押してください。」

台に乗り、ヘッドホンをつけて、仰向けになってボタンを握り、

「台を動かします。」
と言われ、台が動きドーム型の中へ。
確かに狭い。でも、想像してたのと違う。
頭の上の部分は塞がれてるのかと思ったけど開いてて明るい。
閉所恐怖症じゃないし、これなら大丈夫そうと思ったけど・・・

ヘッドホンからさっきの先生の声が聞こえてきた。
「ではこれから撮影を始めるので音がします。」

その後、ピーとかガーとかダンダンとかとにかく大きな振動音が聞こえる。
ヘッドホンって音楽とか流してくれないの?!
全然ヘッドホンの意味ない感じなんですけど!?

言葉で表現するなら、窓全開の部屋に居て、向かいの家が立て壊しして、
音も振動もうるさいから窓閉めたい!って感じ。
(こんな文章で伝わるか?)

そして、なんだかヒートテックがピリピリっていうか静電気起こしてる感じがする・・・。
これはボタンを押すべきなのか?大丈夫なのか?ってドキドキ。
動くなってことを意識すると足を動かしたくなってきたり。
振動音は最後の方でちょっと慣れてきたかな?って感じでしたが、
うるさすぎてなかなか他に意識を持っていくのが難しかったです。
どうにか20分やりすごし、緊張が解かれてホッとしました。
ロッカーで洋服に着替えて画像を受け取って今日は終わり。

「画像を受け取ってから帰ってください。」と言われて、
画像を待とうと思って椅子に腰掛けた瞬間に「画像できました」って。
あまりにも早くて驚きました。


もう1組のご夫婦のご主人はじっくり撮影しましょうと言われてたので
私以上に撮影時間は長そうでした。
あんな中長時間の撮影は大変だろうなぁと思います。

旦那から聞いた話によると一度大きな音が待合室にまで聞こえてきて、
その奥さんとビクッとして思わず顔を見合わせたと言ってました。
はて、どのときのことやら??
だってこちらはずっと大きな音の中に居ましたからね。。


この日受け取ったMRIの画像を持って、
東條ウイメンズクリニック上大岡へ行き診断してもらうのですが、
南部病院から東條ウイメンズクリニックへ報告書が郵送されるので、
その報告書が届いたことを確認してから
診察を受けに行って下さいと南部病院の方に言われました。

報告書の作成から到着まで約1週間掛かるし、
1月の三連休を挟むので16日の月曜日以降であれば確実に届いてると思いますが、
行く前に電話して聞いてみて下さいと言うことでした。


この日、8千円~1万円くらい掛かると思っていましたが、
南部病院の循環器科にも掛かってるので↓この値段で済みました。


■ 医療費

初・再診料210円 
医学管理料等 750円
画像診断料5,700円
保険診療点数2,220点
請求金額6,660円 


※負担率は30%で、請求金額は保険適用後の金額です。



にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿