ページ

2012-02-05

血液検査、ホルター心電図検査の結果

2010年5月13日
さつき台診療所に検査結果を聞きに行きました。

重病だったらどうしようかと
ドキドキしながら病院に向かったことを覚えてます。


ではまず血液検査のことから・・・

血液検査からこんなにも色々なことがわかるのねって
感心しちゃいそうになるくらいの検査報告書と検査項目の数々。




全ての検査項目をUPするのは大変なので、引っ掛かった項目だけ。

検査項目 測定値 基準値(女性) 
血色素量(Hgb) 7.9 g/dl 11.3~15.2
ヘマトクリット値(Hct) 29.2 % 33.4~44.9
MCV64 fl79~100
MCH17.4 pg26.3~34.3
MCHC27.1 %30.7~36.6
BNP111.618.4以下

上記のことで先生から指摘されたのは、
血色素量(ヘモグロビン)の値が低過ぎて輸血が必要なレベル!
血色素量からMCHCの値から判断して鉄欠乏性貧血と診断されました。

でもこれでやっと鉄剤を処方してもらえる!
ってなんか変な喜びと言うか安堵感が・・・。

フェロチーム錠50(鉄剤)を服用して様子見ということに。
鉄剤で胃が荒れないようにセフタックカプセル50も処方されました。


最後のBNPは心臓の異常を判断するための指標で、
心臓に負担がかかるような病気になると数値が上昇します。

で、私の場合・・・

基準値は18.4以下なのに、111.6!!

BNPなんてこのとき初めて聞いたし、
111.6という値が意味するところもよく分からないけど、
とてつもなく悪いってことは分かってどーんと気分が落ちた。。
座ってた病室の椅子に体がめり込んでいくんじゃないかと
思うくらい体が重く感じられました。


24時間ホルター心電図の結果は、
やはり不整脈の回数が多いということでした。


BNPの値とホルター心電図の結果から、
直ぐにでも心エコー検査を受けましょうということになり、
紹介された南部病院へ5月18日に行くことになります。



■ 医療費:診療所

初・再診料121点 
医学管理等 250点
投薬86点
総診療費457点
請求金額1,370円 


■ 医療費:薬局

調剤技術料111点 
薬学管理料 30点
薬剤料14点
合計155点
請求金額470円 

※負担率は30%で、請求金額は保険適用後の金額です。


にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ 

いつも応援ありがとうございます。
2ぽちしていただけると嬉しいです。
励みになってます!

0 件のコメント:

コメントを投稿